放送ㆍ通信融合時代のトータルソリューションを先導するコンテンツスクエア
顧客センター案内
TEL +82-2-2070-2080
FAX +82-2-2070-2082
AM 9:00 ~ PM 6:00(月~金)
  サービスの案内 > 利用規約
利用規約 | Terms & Conditions of us
第 1 章 総則
第 1 条 [目的]
この約款は株式会社コンテンツ・スクエア(以下"当社"と言います)と株式会社コンテンツスクエアが運営するウェブサイト(以下"サイト"と言います。) 及びその提携企業が共同で提供するオンライン上のインターネットサービス(以下"サービス"と言います)を利用するに当たって、当社と利用者の権利、義務や責任事項を規定することを目的とします。
第 2 条 [約款の効力および変更]
① この約款はサービスを通じてこれを公示することで、効力が発生します。
② 当社は事情上重要な事由が発生する場合、事前の前触れもなしにこの約款の内容を変更することができ、約款変更はサービスを通じて7日(会員に不利な変更の場合30日)以前にこの約款が変更されるという事実と変更された内容等を以下に規定された方法のうち1つ以上の方法で会員に告知します
1. 当社及び提携会社ホームページなどを通した掲示
2. 電子郵便(e-Mail)または電話連絡を通じた通知
3. 模写電送(fax)または郵便通知
③ 変更条件に異議がある会員は会員脱退または異議申し立てをすることができ、第1項の高地の後30日以内に会員脱退または異議提起しなかった会員は変更条件に同意したものとみなされます。
④ 本条のコジ方法は、この約款で、特に規定しない限り、この約款の各条項で規定する通報または通知の場合にこれを準用します。
第 3 条 [約款のほか準則]
本約款に明示されていない事項については、関連法令に規定されている場合、その規定によって適用されることがあります。
第 4 条 [用語の定義]
この約款で使用する用語の定義は次のようです。
① 提携会社 : 党本部を中心にインターネットサービスを提供する多数の関連会社やウェブサイトを話します。
② 会員 : サービスを提供されるため、当社と利用契約を締結したり、利用者・アイディ(ID)を付与された者を言います。
③ ハンドルネーム : 会員の識別とサービスを利用のために会員が定めて当社が承認する文字と数字の組み合わせを指します。
④ 暗証番号 : 会員が付与されたハンドルネーム(ID)と一致した会員であることを確認して会員、自分の秘密を保護するため、会員様が定めた文字と数字の組み合わせを指します。
⑤ 利用中止 : 当社が約款にもとづき、会員のサービス利用を制限することをいいます。
⑥ 解約 : 当社又は会員様がサービス使用済み利用契約を解約することをいいます

第 2 枚 サービス利用
第 5 条 [利用契約の成立]
① サービスの会員加入申請の際、申請書類のサイトアドレスに明示された本約款を読み、申請書を当社に提出すると、この約款に同意するものとみなされます。
② 利用契約はサービス利用希望者の利用約款同意の後、利用申請について、当社が承諾することによって成立します。
第 6 条【利用申請]
会員に加入し、サービスを利用することを希望する個人又は団体は、当社が定めた所定の申込書様式に従って記載して、当社に提出し、当社が書類審査の後承諾します。
第 7 条【利用申込の承諾]
① 当社は 第 6条による利用申請に対して特別な事情がない限り、受付順番に審査して承諾します
② 当社は次の各号に該当する場合、利用申請に対する承諾を制限することができ、その理由が解消されるまで承諾を留保することができます。
1. サービス関連設備に余裕がない場合
2. 技術上支障がある場合
3. その他当社の都合上、必要と認められる場合
③ 当社は次の各号に該当する事項を認知する場合、東利用契約申込みを承諾しないことができます
1. 本人の実名で申請していない場合
2. 他人の名義を使用して申請した場合
3. 利用申請時に必要事項を偽って記載して申請した場合
4. 社会の安寧と秩序や美風良俗を阻害する目的で申請した場合
5. その他当社が定めた利用申請要件が不十分な場合
④ 第 2項 又は 3項により利用申込の承諾を見合わせたり、承諾しない場合、当社はこれを利用申請者に知らせなければなりません。 ただし、当社の帰責事由なく利用申請者に通知できない場合は例外とします。

第 3 枚、契約当事者の義務
第 8 条〔当社の義務]
① 当社はサービスの提供と関連して取得した会員の個人情報を本人の事前承諾なしに他人に公開、または配布できません。 ただ、次の各号の1に該当する場合は例外です。
1. 電気通信事業法などの法律の規定によって国家機関の要求がある場合
2. 犯罪に対する捜査上の目的があったり、情報通信倫理委員会の要請がある場合
3. その他関係法令で定めた手続きによる要請がある場合
② 第 1項の範囲内で、当社は、業務と関連して会員全体又は一部の個人情報に関する統計資料を作成してこれを使用することができ、サービスを通じて、会員様のコンピュータークッキーを伝送することができます。 この場合、会員はクッキーの受信を拒否したり、クッキーの受信について警告するように使用するコンピューターのブラウザの設定を変更することができます。
第 9 条〔加盟の義務]
① 会員はこの約款で規定する事項と利用案内や公知事項などを通じて、当社が告知する事項を遵守しなければならず、その他当社の業務に妨害されている行為をしてはいけません。
② 会員のハンドルネームとパスワードに関する全ての管理責任は会員様にあります。 会員に付与されたハンドルネームや暗証番号のずさんな管理、不正使用によって発生する全ての結果に対する責任は会員様にあります。
③ 会員は自分のハンドルネームや暗証番号が不正に使用されたという事実を発見した場合、直ちに党本部に申告しなければならず、届けをしなくて発生する全ての結果に対する責任は会員様にあります。
④ 会員は当社の事前承諾なく、サービスを利用して、どのような営利行為を行うことはできません。会員はこのような営業活動で当社が損害を被った場合会員は本部に対して損害賠償義務を負います。
⑤ 会員は関係法令、この約款で規定する事項、サービス利用案内や注意事項を遵守しなければなりません。
⑥ 会員は、サービスの利用に関連して次の各号に掲げる行為をしてはいけません。
1. ほかの会員のハンドルネームや暗証番号、住民登録番号、メールアドレスなどを盗用する行為
2. 本サービスを通じて得た情報を当社の事前承諾なしに会員の利用以外の目的で複製したり、これを出版および放送などに使用したり、第3者に提供する行為
3. 当社の特許、商標、営業秘密、著作権その他の知的財産権を侵害する内容を掲示、電子メールまたはその他の方法で他人に流布する行為
4. 公共秩序や美風良俗に反する淫乱な内容の情報や文章、図形などを伝送、掲示、電子メールまたはその他の方法で他人に流布する行為
5. 侮辱的であったり、脅威的であり、他人のプライバシーを侵害する内容を伝送、掲示、電子メールまたはその他の方法で他人に流布する行為
6. 犯罪に値すると客観的に判断される行為
7. 当社の承認を受けなくて他のユーザーの個人情報を収集または保存する行為
8. その他関係法令に反する行為

第 4 枚 サービス利用
第 10 条 [情報の提供]
当社は当社のブランド製品、関連ブランドサイト、イベントなど会員のサービス利用に関連した様々な情報について電子メールや書信郵便などの方法で会員様に提供することができ、メンバーは望まない場合、加入申請メニューと当社の個人情報責任者に電話またはメールで連絡して情報受信拒否をすることができます。
第 11 条 [会員の掲示物]
当社は、会員が本サービスを通じて掲示、掲載、電子メールまたは違って、伝送した内容物について責任を負わず、次の各号の1に該当すると判断される場合に事前通知なしに削除することができます。
1. 他の会員様または第3者を誹謗、中傷謀略で名誉を損傷させる内容である場合
2. 公共秩序や美風良俗に反する内容である場合
3. 犯罪的行為に値すると認められる内容である場合
4. 当社の著作権、第3者の著作権などその他の権利を侵害する内容である場合
5. 当社で規定した掲示期間や容量を超過した場合
6. 会員が自分のホームページや掲示板にわいせつ物を掲載したり、わいせつサイトをリンクする場合
7. 掲示板の性格に合致しない掲示物の場合
8. その他関係法令に違反すると判断される場合
第 12 条 [掲示物に対する権利及び責任
サービスに掲載された資料に対する権利は次の各事項と思います
① 当社が作成した著作物に対する著作権その他の知的財産権は当社に帰属します。
② 会員は当社のサービスを利用することで得られる情報のうち当社に知的財産権が帰属された情報を当社の事前承諾なしにコピー、送信、出版、配布、放送その他の方法により営利目的で利用したり、第3者に利用してはいけません。
③ 当社は約定に従って、会員に帰属された著作権を使用する場合、当該の会員に通知します。
④ 会員が掲示した著作物が当社又は第3者の権利を侵害したり、美風良俗に反すると見ることが合理的な事由がある場合、当社はこれを任意で削除することができます。
第 13 条 [サービス利用時間]
① サービスは当社の業務上、または技術上の障害、他の特別な事由がない限り、年中無休、1日24時間利用することができます。 ただし、設備の点検など当社が必要な場合又は設備の障害、サービス利用の輻輳など不可抗力によりサービス利用に支障がある場合、例外的にサービス利用の全部又は一部について制限することができます。
② 当社は提供するサービスのうちの一部に対するサービス利用時間を別途定めることができ、この場合、その利用時間を事前に会員に告知または通知します。
第 14 条 [サービス利用責任
会員はサービスを利用して商品を販売する営業活動をしてはならず、特に、ハッキング、金儲け広告、わいせつサイトなどを通じた商業行為、商用S/W不法配布などをすることはできません。 これに違反して発生した営業活動の結果、損失、関係機関による法的措置などについては当社が責任を負いません。
第 15 条 [サービス提供の中止など]
① 当社は次の各号に該当する場合は、サービス提供を中止することができます。
1. サービス用設備の補修など、工事によるやむを得ない場合
2. 電気通信事業法に規定された期間通信事業者が電気通信サービスを中止した場合
3. その他の不可抗力的事由がある場合
② 当社は国家非常事態、停電、サービス設備の故障またはサービス利用の輻輳などで正常的なサービスの利用に支障があるときは、サービスの全部又は一部を制限したり、中止することができます。
③ 当社は第1項及び2項の規定によりサービスの利用を制限したり、中止したときにはその事由および制限期間等を遅滞なく会員に知らせなければなりません。

第 5 枚 の契約解約や損害賠償
第 16 条 [契約解約や利用制限]
① 会員が利用契約を解約しようとする場合には会員様本人又は当社の担当者が、オンラインを通じて会員脱退を当社に申請しなければなりません。
② 当社は会員が次の各号に該当する行為を行った場合、事前通知なしに利用契約を解約したり、又は期間を定め、サービス利用を中止することができます。
1. 加入した名前が実名ではないたり、他人の個人情報、ハンドルネーム、秘密ばんごう、メールを盗用した場合
2. 他人の名誉を傷つけたり、不利益を与える行為をした場合
3. 当社又は第3者の知的財産権を侵害する場合
4. 公共秩序や美風良俗に阻害される内容を故意に流布させた場合
5. 会員が国益または社会的公益を阻害する目的でのサービス利用を計画または実行する場合
6. サービス運営を故意に妨害したり、サービスの安定的運営を妨害する目的で大量の情報を掲示したり、広告性情報を広報する場合
7. 6ヵ月以上のサービスの利用記録(ログインの記録)がない場合
8. 本約款を含めてその他当社が定めた利用条件に違反した場合
第 17 条 [損害賠償]
当社はサービスの利用と関連して、会員様に発生した損害が当社側の故意的な過失による場合でなければ責任を負いません。
第 18 条〔免責条項]
① 当社は天災地変またはこれに比例する不可抗力によりサービスを提供できない場合には、サービス提供に関する責任が免除されます。
② 当社は会員様の驥足事由によるサービス利用の障害に対して責任を負いません。
③ 当社は会員様がサービスを利用して期待する収益を喪失したことやサービスを通じて得た資料による損害に関して責任を負いません。
④ 当社は会員様がサービスに掲載した情報、資料、事実の信頼度や正確性などの内容に関しては責任を負いません。
⑤ 当社はサービスの利用と関連して加入者に発生した損害のうち、加入者の故意、過失による損害に対して責任を負いません。

第 6 枚 その他の事項
第 19 条 (サービス終了)
当社が営業部門の廃止∙統合、営業譲渡、合併∙分割、経営政策の変更などやむをえない理由でこの約款によるサービスを閉鎖する場合、遅くても閉鎖予定日から30日前に会員に告知します。
第 20 条〔管轄裁判所]
サービスの利用により発生した揉めごとについて訴訟が提起される場合、当社の本社所在地を管轄する裁判所を専属管轄裁判所とします。

この約款は2014年11月30日から施行します。
商号:コンテンツ・スクエア(株)   代表者:ハムギュシク   事業者登録番号:107-86-88280
Producer:Kyusik Ham   Editor-in-chief:Jinmanhn Lee   Editor:Yechan Shin   Cameraman:Dooyoung Kim
住所:ソウル特別市 永登浦区 汝矣通りの14 KTビル11階
e-mail:tommyjinmahn@gmail.com   連絡先:02)2070-2080   FAX:02)2070-2082
CopyRight(c)2014 Contents SQUARE. All rights reserved.